2020.11.12

アレルゲンは皮膚からも入る

石川 光一

肌アレルギーだけでなくバリア機能が
低下した皮膚から加水分解コムギが浸透してアレルギー性皮膚炎を発症し、
パンやうどんなどの小麦食品を食べると食品アレルギーを発症する事もあります。

多くの人が植物アレルギーは
口から摂取し引き起こされると思ってましたが、アレルゲンは胃や腸からだけでなく、皮膚からも取り込まれています。

そして人の身体のタンパク質しているのがタンパク質です。

そして人の身体のタンパク質
それらを身体の中に侵入させない様阻止してくれているのが皮膚、
それをもう少し細かく言うと皮膚の一番外側のバリア機能である角質層なのです。

それらを壊してアレルゲンを身体の中に侵入させてしまうのが強い洗浄力のシャンプーなんです。

特に硫酸系シャンプーやアミノ酸系シャンプーは肌の角質層を壊すので
中の水分が外に出て乾燥しやすくなり、アレルゲンが中に侵入しアレルギーが発症しやすくなってしまいます。

 

 

そこでfoncuo&がオススメしている

バーデンス。

このシャンプーはモアコスメティクスと言う名古屋にある会社から、近畿大学と合同開発されて作られたお肌の細胞をいっさい壊さない、
24時間肌につけっぱなしでも大丈夫な
お酢から出来ているシャンプー。

肌の細胞を壊さずに洗うと、身体の
中の水分は外に逃げず中に保つことが
出来るので乾燥しやすい肌の人も安心してつかえます。

そして肌のバリア機能も強く
なるので外部からの刺激からも強くなり紫外線の影響も受けづらくなり、
花粉症にも強くなり、様々なアレルギーの原因を根本から解消出来ます。

強く潤いのある肌になるには洗うものがとても重要になってきます。